SHOKKI MAGAZINE

2016年07月03日

アンティーク食器の特徴を紹介している記事9選をまとめてみました!

075_1024-500x333

1.はじめに


単なる食器よりも、味わいがあって魅力がある「アンティーク食器」。
「魅力あるアンティーク食器をもっと知りたい…」と思っている方も、少なくないはず。。。

そこで今回は、アンティーク食器の特徴を紹介している記事をまとめてみました。

ブランド食器の無料お見積りはコチラから!!

 

2.アンティーク食器の特徴を紹介している記事
2.1  普段使いにチャレンジ! 魅惑のアンティーク食器入門 |



6132dd01d6ae292a3735b977a3d75bc0


アンティークと聞くと「お値段が…」と思う人がいるかもしれませんが、案外リーズナブルな物が少なくありません。価格帯から外観の情報まで、アンティーク食器の特徴が説明されています。

参考URL:http://www.chintai.net/news/2014/06/10/719/


2.2 北欧アンティーク食器の魅力
33b55312fb0fb70a24e69c658a8f5d6e


アンティーク食器特有の「質感のある温かみ」「手になじむフィット感」など、アンティーク食器の特徴が、詳細に説明されています。

参考URL:http://regaletto.shop-pro.jp/?mode=f11


2.3  アメリカンアンティーク雑貨の代表!ミルクガラス食器の魅力


b1703291bfaa1c5c11af2e55dbea2ce8

アンティーク食器の中でも、際立てて特徴のある、ミルクガラス。ミルクガラスの特徴が紹介されています。

参考URL:http://www.rafuju.jp/mag/article/id2278.php

 

2.4 イギリスアンティーク食器の定番。ボーンチャイナの代表ブランド
6fa4017b9e9d996cafa7899360b638f4


イギリスのアンティーク食器「ボーンチャイナ」。ボーンチャイナの代表ブランドや特徴などが紹介されています。

参考URL:http://www.rafuju.jp/mag/article/id2333.php


2.5  アンティークの本当の魅力を考える


1b99c8f3f34fcaba062eea536d8df9df


「アンティークの本当の魅力とは何なのか?」アンティーク食器の歴史を交えながら、アンティーク食器の魅力・特徴が紹介されています。


参考URL:http://drawerhome-uk.com/%E9%99%B6%E7%A3%81%E5%99%A8%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%EF%BC%86%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC/post-242/


2.6 アンティーク食器って?


d2baf36e0a10bfc21fc75d497948f65d

「アンティーク食器とは何か。」意外と説明するのは難しいはず。。この記事では、初心者でも理解できるようアンティーク食器の特徴・魅力が紹介されています。

参考URL:http://studio.antonkarl.com/index.php?page_id=9



2.7 ベルギー随一の老舗ブランド《BOCH》の魅力8
a8f5a773e1ee2e3ebc72baaa5b520c19



美しいデザインと、決して古さを感じさせない、質感のあるアンティーク食器。アンティーク食器の魅力・特徴と使用方法が紹介されています。

参考URL:http://folk-media.com/186267

 


2.8 オールドノリタケの魅力

b04108449dd994eb74ca2a0aab452cd2


日本陶器が、ヨーロッパ・アメリカに向けにアレンジされた「オールドノリタケ」になります。オールドノリタケの歴史・特徴が紹介されています。


参考URL:http://www.mitsuinoritake.net/charm.html


2.9 オールド・ノリタケの魅力
d0ccf039de216362988f88a29a87c557

日本陶器を、海外向けに改良した洋食器が「オールド・ノリタケ」になります。日本特有のデザインと、ヨーロピアンなデザインがマッチし、今までにない風合いが表現されています。オールドノリタケの特徴・魅力が紹介されています。

参考URL:http://otonaninareru.net/old_noritake/


3.まとめ

いかがでしたでしょうか。アンティーク食器の特徴は、手に取ってみるまで、明確なことはわかりません。

アンティーク食器を持っていない方は、これを機会に購入してみてはいかがでしょうか。使用してみると、生活に幅が広がるかもしれません。

カテゴリー

ブランド食器高額査定!